BLOG
試合レポート、活動報告など

今回の試合はお隣の三重県のチーム、去年全国地域サッカーチャンピオンズリーグを勝ち抜きJFLに昇格したヴィアティン三重です。

以前はヴィアティン桑名という名前だったのですが、三重県からJリーグを!ということで「三重」へと名前を変更しています。

(余談ですが、三重県には他にもJリーグを目指しているチームが2つあります)

かっこいいバスで選手が会場入り。

チーム設立前に視察したオランダの三世代が集まるスポーツコミュニティの実現のため、「ヴィアティン」というオランダ語のチーム名としたそうです。

ヴィアティンとは「14」という意味で、オランダサッカー界の英雄「ヨハン・クライフ」氏の背番号の意味も込められており、サポーターのNo.も12ではなく「14」です。

チームカラーもオランダ代表と同じ「オレンジ」。オランダ代表のエンブレムに書かれているライオンにちなみ、マスコットキャラクターはライオンのヴィアくん。

そして2年前まで奈良クラブに所属していた稲森選手の所属先でもあります。

会場は三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場

球技専用の立派なスタジアムですが、駅からは遠くバスの少ないので公共交通機関ではあまりアクセスがよくありません。

朝7時半に西大寺駅を出発して2時間ほどで到着。かなり近いです。

暑くなってきた中、まずは横断幕を掲出します。

その後はスタジアムグルメを楽しみます。

お隣の亀山名物味噌焼きうどん。

もともとはトラックドライバー向けらしく味が濃い目でおいしいです。

いちごのかき氷。いちごをそのまま削っています。

ヴィアティンにはグルメだけでなくお花や革製品を販売していたり、色々なお店が出店されていました。

暑い中なのでアイスや氷もよく売れていましたし、ビールも「いちごビール」や「アサイービール」があったり、オリジナルカクテルとして3種類あったり、かなり充実していました。

また、変わったイベントとして「血管年齢測定」というものがあり、矢部GMもやっておられたのですが、結果は「内緒で」ということでした・・・。

この日は奈良クラブのグッズ販売ブースも出店。

ヴィアティンのグッズ販売ブースのすぐお隣で販売しており、ヴィアくんと大和鹿次郎との夢の(?)コラボレーションも!

近場だからか普段はなかなかアウェイに来られないという方もゴール裏、メインスタンドに多く来られていました。

時間はあっという間に過ぎ、選手が出てくる時間となります。

試合開始直後からややヴィアティンペースで試合が進み、前半11分にセットプレーから失点してしまいます。

決めた選手はJ1リーグでのプレー経験があり、本当に素晴らしいシュートでした。

ここで立て直そうとした奈良クラブですが、26分に再び失点を喫します。

前半はゴール前までボールを運ぼうとはするもののシュートも2本しか打てず、苦しい展開が続き、このまま終了となります。

後半は攻めに出るしかない奈良クラブですが、立ち上がりにフリーキックを直接決められてしまいます。

それでも諦めず攻めようとする選手たちに熱い声援を送るサポーターの思いが通じたのか、奈良クラブにもゴールが決まります!!

直接フリーキックを得て、小野選手が中に入れたボールを相手選手がヘディングでクリアをするのですが、それを柳田選手が前田選手へ繋ぎ、再び小野選手へ。

小野選手が右からゴール前に上げたボールを、森本選手がヘディングシュートでネットを揺らします!!

ここで勢いに乗って攻めようとする奈良クラブですが、この直後にペナルティーエリア内でのプレー時に足が残って相手選手を倒したとみなされ、PKとなってしまいます。

PKを決められてしまい、再び3点差へ。

何とかしようという気持ちは選手からあるのですが、こうなってしまうとうまくいかなくなってしまい、36分とロスタイムにも失点をし、結果としては1-6の敗戦となってしまいました。

後半のシュート数だけで見れば、お互いに8本ずつと互角なのですが、確実にシュートを決める力や、ゴールに繋がるチャンスまで持って行けるところなどは三重の方が上だったのだと思います。

ただ、サッカーに限らずスポーツには、こういうワンサイドゲームになってしまうのもたまにあることです。

それを引きずってしまう方が良くないので、選手にもファンの皆様にも切り替えて次(というか明日ですが・・・)の試合に挑んで欲しいです。

選手はピッチで必死に戦って、ファンはそれをスタンドで信じて支えるということを続けていくしかないですし、上を目指すのはもちろんですが、勝っても負けても楽しいのが奈良クラブ!になっていきましょう!!

スタジアムに来てくださる際に持ってきていただくのは「奈良クラブが好き」、「地元奈良のチームを応援している」という気持ちだけでいいのです。

そんなみなさんの思いがあれば、急には無理でも少しずつチームは良くなっていくと思いますので、今後もみんなで支え続けましょう!!

そんな次の試合は「宇陀市民デー」ということで宇陀市のみなさんは入場無料となっております。

詳細は奈良クラブのホームページに掲載されていますが、宇陀市在住と証明できるものを持ってきていただければOKです。

宇陀市民デーということで今回は初めて「榛原駅」でチラシも配布されました!

前回の三宅町民デーでは勝利することができましたので、宇陀市民デーも奈良県全体のパワーで勝利を目指しましょう!!